メンテナンスは簡単?お手入れ方法で選ぶローソファー

気温の変化に注意が必要な本革製品

一口にローソファーと言っても使用する素材によって使い方や手入れの方法は大きく異なります。いくつかある素材の中でも見た目と手触りの良さで人気となっているのが革製品です。高級素材に分類される革製品は、直射日光や高熱など気温の変化に弱いという特性があります。そのため、室内で使用をする時は日差しが当たる窓際を避けて、エアコンの風や暖房器具の熱の影響を受けない場所に設置しなくてはいけません。掃除をする時は乾いた布で表面をなぞるように拭くのが基本です。ミシン目などの縫い目の部分はブラシや掃除機で取り除くことで綺麗にすることができます。革製品は酸やアルカリで変色してしまうケースもあるので、付着した時はすぐに拭き取ることが大切です。

日常の手入れがしやすい布製品

ローソファーの素材の中でも比較的多く利用されているのが布です。布製品は革に比べてコストを抑えて作ることができるため、手頃な値段で買えるのが魅力です。値段以外にも手入れのしやすさというメリットもあります。布製品の手入れは掃除機などで埃やゴミを吸い取るのが基本です。ただし、布は生地が痛みやすいという特性があるため、付属品のブラシを装着することを忘れてはいけません。水分を吸収しやすい布は、長年の使用に伴って汗や汚れが染み付いてしまうこともあります。その場合は除菌スプレーで匂いを除去したり、中性洗剤を布に含ませた布で汚れを落とすのが最適です。この時に擦ってしまうと掃除機と同様に痛めてしまうので、叩くようにするのがコツになります。