スタンダードタイプのソファーとの違いは?ローソファーの特徴

ローソファーってどんなもの?

ローソファーと聞くと、背が低いソファーをイメージする人が多いでしょう。ローソファーとは、一般的なソファーよりも地面に近い高さの物を言います。座布団で座っているよりは、少し高くなるイメージです。ソファーを選ぶ際は、それぞれの特徴をしっかりと把握してから選ぶ必要があります。ローソファーとひとくちに言っても、いくつかの種類があるため自分の部屋の広さや、配置する場所に合わせて選ぶのがよいでしょう。例えばコーナーローソファーは、部屋のコーナーを活かして設置することが出来ます。セパレートタイプの物もあるため、コーナー以外でも使用することが可能です。またローソファーベッドは、ソファーの役割だけでなくベッドとしても活躍します。来客用のベッドとしても便利です。

ローソファーのメリットデメリット

ローソファーのメリットは、背が低い分部屋が広く見えるということです。高さがないことで、部屋の大部分のスペースを占めていても圧迫感を感じることがありません。また、座布団に座っているような感覚で楽に座ることが出来ます。特に年配の方には、ゆったりと足をのばすことも出来るためおすすめであると言えます。一方でデメリットは、高さがないため安定感がないように感じるという点です。後ろに体重をかけてもたれかかると、ひっくり返ってしまうんじゃないかと感じる人も多いようです。さらにローソファーは、自分に合った高さの物を選らばないと座りにくくなってしまいます。購入前に、他の家具の位置などに合わせて高さを確認しておくことが必要です。