どんなお部屋にもぴったり?インテリアに合わせたローソファーの選び方

ソファーの素材、いろいろ!

ローソファーを選ぶときにまず決めたいのがソファー生地の素材です。ファブリック、本革、合皮などがあり、それぞれに特徴があります。ファブリックというのは布素材を指し、綿やウールなどの自然素材と、ポリエステル・アクリル・ナイロンなどの化学繊維に分けられます。やさしい肌触りと革などに対して価格が低く選択肢も豊富なため、もっとも人気の素材です。どんなインテリアにもなじみやすく、主張が強すぎない点も選ばれる理由のようです。対して本革は高級感を演出でき、オイルで年に数回お手入れすることで長持ちするだけでなく、経年変化で深い味わいが楽しめます。フェイクレザーとも呼ばれる合皮は水に強く、革の質感を表現しつつ本革に比べ安価で手に入れられ、お手入れも簡単な点が評価されています。

カラーチョイスでお部屋が全く違う印象に!

ソファーと一口に言っても、いろいろな形や用途の違いがありますが、中でもゆったりと時間を過ごすのに適しているのがローソファ―ですよね。一般的に2人掛けが人気のローソファ―、寝転がったり、だらっと過ごすにはもってこいです。また、ローソファーはリラックスする場所であるのと同時に、プライベートの中でも比較的長い時間を過ごすパーソナルスペースです。他のインテリアと合わせやすいシックでシンプルな落ち着いたカラーにするのも無難ですが、あえて黄色やオレンジ色、黄緑色など「ビタミンカラー」と呼ばれる見ていて元気が出るカラーをチョイスするのもお勧めです。毎日座るお気に入りの場所だからこそ、心の栄養になるような色を選んでみてはいかがでしょうか。